前へ
次へ

不動産購入ではデメリットも知ろう

不動産購入を相談したところ、色んな物件の下見や内見をしたほうが良いとアドバイスしてくれましたし、同行もしてくれました。不動産購入は一生モノになるので、物件情報だけを鵜呑みにしないように豆知識など知り得ない情報も教えてくれました。不動産購入を相談したとき、中古物件を考えていましたが、その場合には建物の経年劣化が否めないといわれました。しかし、周辺にはコンビニなどの商業施設も多く、近隣住民もあたたかみのある方々が多いなど、その土地に住んでいなければ分からない情報まで教えてくれました。住めば都といった不動産購入も視野に入れることができた内容です。また、不動産購入では賃貸物件同様に、日当たりについても教わりました。中古という不動産購入ですから、傷などは致し方ないとはいえ、リフォーム済みではないために、内部などもしっかり見学させてもらいました。何と、床下から屋根裏まで抜かりなく、さらに建物の裏手は雑草が生い茂っていたため、外構工事が必要になることまでチェックしてくれて、売り手なのにデメリットをまとめてくれて助かりました。

Page Top