前へ
次へ

不動産購入会社を利用するときの流れ

不動産購入会社を利用する際の流れとしては、まずは気になった不動産購入会社を見つけたら、不動産購入会社へ訪問相談するための予約を入れるところから始まります。不動産購入会社では顧客が落ち着いて相談が受けられるように完全予約制を敷いていますので、利用する際には事前に予約が必要となります。予約は電話のほか、ホームページからでも可能です。そして予約日において不動産購入会社を訪れて、スタッフと相談をします。ここでは具体的にどういった物件を探しているのかなどについて詳細にスタッフとディスカッションします。この相談を通じてターゲットとなる具体的な物件が決定されることとなります。その決定に当たっては熟練したスタッフが的確に判断しますので安心です。希望物件が決まったら、不動産購入会社による実際のリサーチとなります。経験と知識が豊富なスタッフが多数ある物件情報の中から要望に合った物件を的確にリサーチします。リサーチ後はその結果について、顧客に提示します。そして気に入った物件があれば現地へ行って内覧を行い、問題無ければ、購入となります。その後は、売買契約書の締結、売買代金の支払いなど所定の事務手続きを行い、すべての事務手続きが完了したら、一連の流れは終了となります。そして、新居への引っ越し、生活が始まることとなります。

Page Top